結婚の決め手は、面倒じゃなく自立した人だったから。

恋愛が盛り上がってくると、その先の結婚まで意識するものです。

理由は、やはり好きな人とはずっと一緒にいたいですし、結婚と違って恋愛は何の契約もありませんから

ある日突然終わってしまう事もある訳で、ある意味相手を自分の物として第三者にきちんと認めてもらえる
安心感が結婚にはあります。
結婚決めて17

よく諸先輩方が言う通り、恋愛と結婚は別物で、恋愛は楽しければいいけれど、結婚は第一が「生活」。
なので、自分があまりにも頑張りすぎたり、我慢をしなければいけない相手はやめておけと言われました。

 

そのアドバイスを参考に、本当はもっとイケメンで年収が高くて、周りがうらやむ様な男性が良かったと
いう気がしなくもなかったのですが、穏やかで優しく、真面目でこちらを束縛しない人を選びました。

 

結果、刺激は皆無に等しいですが、結婚後も「旦那がいるから無理だわ」という様に友人との付き合いの
足かせとなる事もありませんでしたし、趣味も自分の好きに楽しめました。
元々優しく面倒見が良い人
だったので、子供が生まれてからも積極的に育児してくれ、たまに子供を見ておいてくれて私を外に
遊びに行かせてくれ、とても助かっています。
結婚決めて16
決して顔はイケメンではありませんが、性格は間違いなくイケメンです。
友人のカッコイイ旦那さんを見ると「あぁ・・・」と思う事もありますが、顏で仕事や育児は出来ませんし
気張らず一緒にいて楽な人を選んだからこそ日々自分らしく生きる事が出来るので、満足しています。
容姿は自分も含めて年齢を重ねるごとにどうしても変化してしまいますから、中身で選んで本当に良かったと
思います。

 

大切な趣味がある人は、絶対に束縛したり趣味を優先してもすねたりしない人を選ぶべきだと思います。
そのかわり相手にも趣味を優先する日を設けてあげ、気持よく送り出す気持ちが必要となりますが。
「いつも一緒じゃないと!」「何していたか全部教えて!」みたいな人ではなく、お互いの時間を尊重し
ある程度は干渉しすぎない自立した人にしておくと、とってもラクです。