結婚の決め手は料理!

いささか古い考え方かもしれませんが、やはり女性は料理がうまいと格段に結婚レベルがあがります。
あなたは料理は得意でしょうか?

得意でない方でただ今婚活中の方は是非とも料理の腕前をあげておくべきです。

結婚決めて18
料理教室に行くのも手ですし、知り合いの料理好きのおばちゃんに教えてもらいに行くのも一つの方法です。
そしてその料理の種類はと言うと、フレンチやイタリアンではなくまずは日本食。
そして日本食でもいわゆるおふくろの味がベースの味噌汁に始まり、各種煮つけなどなど、そして、カレーやオムライスやイタリアンスパゲティーなど。普段家庭で出てくるような基本を押さえるのが一番です。

 

男は多かれ少なかれマザコンです。
自分の母親が作ってくれた料理が一番だと勝手に信じ切っています。
従ってそれよりも不味い料理だとあなたの得点は大きく下がってしまいます。

 

そしてそこそこ料理がうまくなればいよいよ本番です。
ところがこれが非常に難しい。
もしかするとここが結婚の決め手になる大きな勝負になるからです。

 

彼とのお付き合いはまだ恋人程度。
それを一気に結婚にまで持って行くには場所とメニューを選ばなくてはなりませんが、あなたの家に招くと言うのも何だか早すぎる、かと言って、ええ、そうなのです。

彼の家で料理を作るのです。

但し、彼のお母さんのお手伝いです。
結婚決めて19
彼の家に招かれる、お母さんを紹介される。
夕方になりお母さんが「一緒に食事でもしませんか?」と声をかけてくれれば締めたものです。
すでに揃った材料でお母さんが料理をはじめます。
そこでさりげに「お母さん、手伝います」と声をかけます。
そして、近所の料理好きのおばさんに教わった「かつおだしの取り方」をご披露します。

 

さて、一通り食事が出来て彼がひと口味噌汁を飲みました。
彼のお母さんが言います。
「彼女がおダシをとってくれたのよ」
彼が言います。
「いつもよりうまい!」
みんな笑います。